CDプレイヤー MDプレイヤーパナソニック Panasonic ポータブルプレーヤー

スポンサードリンク

料理やお皿洗いをしている際、

「シンクの排水溝の水が

なかなか流れなくなったなぁ~」

「なんか臭いなぁ」と思ったときには、

詰まってしまう一歩手前かもしれません。

 

でも、排水溝はドロドロしていて汚いので、

あまり触りたくない場所ですよね。

 

今回は、排水溝の基本的なお掃除の方法と

「あるものを使ってきれいにするワザ」を

お伝えしますので、

簡単につまりを解決しましょう。

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

CDプレイヤー MDプレイヤーパナソニック Panasonic ポータブルプレーヤー

まず、排水溝のつまりの主な原因は、

「油汚れ」「大きめの食材やスプーン、

フォークなどの固形物」「カビ」

などといわれていますが、一番多いのは

油汚れです。

 

こまめに掃除をしているつもりでも、

この油汚れは日々、蓄積していきます。

 

 

ですので、排水溝のお掃除の際には、

油汚れ専用の洗剤を使うといいでしょう。

ドラックストアなどで販売している、

液体パイプクリーナーが活躍します

 

液体パイプクリーナーは、製品によっては、

油汚れを落とす力が変わってきます。

 

 

成分の中に「水酸化ナトリウム」の濃度が

1%以上のものを選ぶようにしてください。

 

濃度が1%未満だと、ヌメリや臭いの

予防程度特別価格デルタ蛇口p99137lf-bnシングルハンドルバスルーム蛇口、つや消しニッケル好評販売中油つまりは

解決できないからです。

 

 

また、さらに効果を上げる方法があるんです!

 

  • フランクリン プランナー スターター キット 見開き一週間 2022年 1月 4月始まり兼用 15ヶ月版 コンパクトサイズ ブラック 654
    パイプクリーナーをかけておく

 

  • パイプクリーナーを排水溝に直接かけ、
    指定の時間おいてから、しっかりすすぐ

 

ポイントは、ゴミ受けなどを

はずしてから、必ず原液で使うことです。

 

排水溝に水気が多い状態だと、

先ほどお伝えした、水酸化ナトリウムの

濃度が薄くなってしまうからです。

 

これだけのことですが、

効果がありますので、試してみてください。

 

台所のシンクのつまりは重曹で撃退すべし?!

先ほどは液体パイプクリーナーを使って、

排水溝にはあまり手を触れずに行う、

簡単な掃除の仕方を説明しましたが、

成分が強いので、取り扱いに注意が必要です。

 

 

自然派の方や、もっと身近なもので

お掃除をしたい方向けには、

コスパ最強といわれている方法があります。

 

それは『重曹』です。

 

重曹はアルカリ性の性質があり、

酸性の汚れを分解する能力に長けています。

また、食用としても利用されているので、

川や海に流れても、害がありません。

 

絵画 インテリア 玄関 風水 おしゃれ プレゼント 開運 天使 壁掛け 額付 宇宙光華 S重曹とお酢を使った

排水溝のお掃除の仕方をお伝えしますね^^

 

  • ゴミ受けなどは外し、
    シンク内に置き、重曹をかける
  • 排水溝に直接、1カップ程度の
    重曹をかける
  • 酢200mlを電子レンジで温めてから、
    排水口にかける
  • 汚れの具合に応じて5~30分放置
  • 熱湯で洗い流します。

 

(補足)

パワーフィルター(ブルー) φ55×4個セット GPZ900R ゼファー1100 ZRX1200R ZRX1100 Z1000J XJR13

汚れに応じて、増やしても問題ありません。

 

温かいお酢を加えることで泡立ち、

汚れを強力に落としてくれるので

必ず温かいお酢を使いましょう。

 

左利き用 手打 草刈 鎌 薄鎌 195mm 片刃 かま カマ 鋼

排水管の汚れも取れやすくなります。

 

このように、身近なもので、

簡単にお掃除ができます。

 

 

日頃から台所に「重曹を振りかけて流す」

という掃除を繰り返すと、

汚れが付きにくくなりますし、

ほかにもカビの繁殖を防ぎ、

消臭効果もあります。

 

【まとめ】

重曹は油汚れに効果的なので、

排水溝だけではなくキッチン周り

お風呂場のお掃除にも大活躍します。

 

まとめ買い シャボン玉 食器洗い機専用 500g×7個

環境や人体にも優しい成分ですので、

日々のお掃除に取り入れてみては

いかがですか?^^

ぜひおすすめしたいお掃除方法です。

coyori コヨリ 彩醒 美容液 オイル 化粧水
ワークブック 日本語の歴史
WWW.OLIVEVINEPASTA.COM RSS